仕事の管理 / 梅の花

先月中盤まで都内の仕事を終え、後半から2月の初めはビジネスリュックを背負い、或いは、キャリーバッグを転がして神奈川県内のいくつかの自治体、山陽地方のいくつかの自治体を回りました。夏に東京・大阪で登壇した「事業スクラップ」の研修です。行く先々で、「実は、夏のセミナーに参加して、是非、これをうちでやらなければと思いました」と語ってくださる人材育成担当の方々にお会い出来るのは、大変嬉しいことです。

 

自治体組織が、真にその戦略(選択と集中)を実行するには、前向きな職員と、利害関係者を説得する論理とパートナー型住民が必要不可欠です。幸い、現・元行革担当や政策、経営監理の方々を含め、多くの前向きな職員の方々と出会うことが出来ました。意見交換や質問を通じ、考えるべき点が明確になってきています。現状に満足せず、修正・改善をしていきます。

 

☘☘

事業スクラップの本題に入る前に、仕事の管理や実効性の考え方を説明させて頂いています。これは民間企業でも何も変わりません。仕事の管理から、東京都某特別区で担当しているコンサルティングの話を敷衍させて説明することもあります。働き方改革につながるこのコンサルティングは、2課における組織内協働の仕組み作りのサポートを中心に行いました。

 

現在、わが国で官民問わず取り組んでいる「働き方改革」は、単なる時短ではありません。仕事の管理の仕方を学び、業務改善につなげるとともに、組織内における協働の仕組みを構築することが不可欠です。課・係・個人の協働はコミュニケーションを円滑にすれば自然と生まれるものでは、決してありません。効率化を追求する「分業」が重視される組織の構造に「協働」の仕組みを如何に構築していくか、が問われなければならないように思います。

 

担当した2課がそうであったように、それぞれの担当する仕事、職場で、その仕組みの在り方は異なります。それを探り、試行錯誤を重ねる仕事は、大きなやりがいと共に大変興味深いものです。これまでの知見を次に、またその次に、と活かしていきたいと思います。

 

梅の花

 

☘☘☘

しばらくぶりに家に帰ると、庭にある梅の花が咲いていました。

立春も過ぎました。もうすぐ春です。

                         

後閑徹

 

 


 


新年のご挨拶 / 社会正義を考える必要性

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 

 

 

 

これから、最低、月一本のコラムを蟾埓マネジメント研究所ホームページに書いて参ります。

新年の配信記事、1本目は、まず「社会正義」から。

 

変化の時代は、価値の変動を伴う時代です。 民間企業以上に、地域の未来を考え、多くのステークホルダー(利害関係人)との協働をめざす自治体職員こそ重要な価値の変化を考える必要があります。 社会正義とは、「自分自身と他者の視点を入れ替えて考えても納得できる、価値的判断基準」。自治体経営、職場経営、政策立案において、時折、ふと顔を出す価値観です(民間企業でも同様です)。

 

「社会正義とは何か」は、唯一の正解をもたない問いです。

 

しかし、その正解のない問いに対し、正解を求め続ける姿勢、一応の答えをだし、決断をしつつその答え自体を疑い続ける姿勢こそが、正解に近づく道ではないかと考えます。

 

答えはこれだ、と割り切れればそんなに楽なことはない。

しかし、そのような楽をしても意味のない問いです。

知性とは、答えの無い問いを大切に抱きかかえ、割り切れない答えの曖昧さに耐え続け、考え続ける姿勢をいうのではないでしょうか。

 

また今年一年、歯切れよく、同時に自らを疑いつつ成長をしていきます。

皆様にとりましても、良い出会いと成長の機会に恵まれる一年となりますように。

 

本年も、より一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

蟾埓マネジメント研究所 コラム「自治体職員が「社会正義」を考える必要性について」

 

今年は、本ブログも随時更新をしていきます。

 

後閑徹

 


 

 

 


2016.12.31  ご挨拶

2016年も最後の一日となりました。

 

今年は、蟾埓マネジメント研究所様から多くの執筆、研修、コンサルティングのお仕事を頂いた一年でした。

多くの自治体組織の問題に触れ、組織であるメリット(統合効果や相乗効果)を発揮するために如何なる仕組みが必要か、を考えました。

 

年末年始も、インターバル課題のフォローや新規のカリキュラムと企画書、パワーポイントの作成に追われていますが、これは嬉しい忙しさ。


新たな活躍の場を与えて頂けたことを、そして、これからの活躍への実績を積み重ねられたことを、たいへん嬉しく、有難く思います。


多くの方々との交流のみでなく、上手くいかないことをも成長の糧に変えるよう心掛けながら、また新たな一年、新たなチャレンジをしていきます。

 

2017年が皆様にとりましても、意義深いものとなりますように。

感謝と共に。

良い年をお迎えください。

 

Peace!

 

後閑徹

 

2017年1月1日より、蟾埓マネジメント研究所HPにおいて、月一回の予定でコラムを担当します。

 

 

 


 


劇的!ビフォーアフターに学ぶ働き方改革の要諦 後閑徹

 

日頃、コンサルや研修で説明しても、現象として現れている問題から構造上の問題へとチャンクアップする思考に慣れていないマネジャーが多いと感じています。

 

抽象化能力、問題の本質を考える能力。

この能力がないと、対症療法的に問題を解決するだけで、根本的解決を図れないと思うのですが。

 

そんな思いから書きました。

 

シェアーズカフェオンライン  ライブドアニュースBLOGOS

 

後閑徹

 

 

これまでの外部配信記事

 


 


| 1/23PAGES | >>