さくらいろ / ダイバーシティの難しさ

 

昨日、ふと空を見上げると、桜の樹々がほのかに桜色を帯びているように見えました。

そして、30年ほど前に朝日新聞紙上に掲載された大岡信氏のエッセイを思い出しました。毎年、この時期になると思い出すエッセイです。

 

開花を待つ桜の樹皮を削り、煮出して布を染めると心が湧きたつような鮮やかな桜色になると草木染作家の方が教えてくれた。桜の樹は、樹に桜色を蓄え、ある時、一斉にさくら色の花を咲かせるのだ、といった内容だったと思います。

 

昔、匿名でブログを書いていたとき、この話を書いたら、その話は教科書で読んだことがあります、と教えてくれた方がいました。

私が心を震わせたエッセイが、社会に認められたようで、とても嬉しかったことを覚えています。

 

 

開花を待つ

 

先月、滋賀のとある場所で、ダイバーシティ研修を担当しました。研修といっても、400人強の方々を対象に90分でする講演です。

90分という短い時間の中で、基本から説き起こし、単なる理想ではなく、現実に職場で実現すべき課題であることを理解し、行動に移していただけるよう、構成に腐心しました。

 

講演の中で、お伝えしたかったことのひとつは、「多様な価値を受け容れる」ということは、同時に「自らも変容する」ことを伴う、ということです。相手に向き合い、自らに向き合い、お互いに影響し合うことは、決して簡単にできることではありません。特に、年を経て、経験と実績を積んだ方々は、往々にして、相手を自分の色に染めがちなのではないでしょうか。それは、「多様性を受け容れる」のではなく、自分の価値に相手を染めることに他なりません。白に赤とオレンジを足していくと、鮮やかな桜色が出来ます。赤が白を飲み込んでしまえば、赤にしかなりません。

 

多様性を受け容れる、自分の価値と異なるものを受け容れるということは、受け入れるマインドをもつことではなく、「自らも変わる覚悟」をもつことに他なりません。

 

 

 

先日、10数年ぶりにビジネススクール時代の恩師に会いに行ってきました。

既に当時勤めていた大手損害保険会社の役員も退かれ、いくつかの大学やビジネススクールで教鞭をとっておられる恩師が、こんな話をしてくれました。

 

仕事の上で、頼りない人間も、家庭に帰れば誰かの大切なパートナーであり、親であるかもしれない。相手は、そういう責任を負っている人間なのだということを忘れず、育てていかなければいけない。

 

相手も一個の人間であると、真に尊重するには、不断の努力が必要です。そして、相手がどのようなものであれ、まずは、その価値に照らし、自分を見つめることが重要です。

 

桜の樹が心を震わせるような桜色に満たされているように、それぞれの樹がそれぞれの色に満たされています。その色を、無下に扱うことは誰にもできないはずです。

 

ダイバーシティとは、身近な職場で実現する問題なのです。

 

 

後閑徹

 

 


 

 

 


3.11 / 青い空

ひどい風邪を引きました。

佐賀で、堺で仕事をした際も、怪しい体調を誤魔化しつつ何とか切り抜けてきたものが一度に溢れてきたような、久しぶりにひどい風邪でした。大袈裟ですが、暗いこと、悪いことばかりが頭に浮かぶ5日間でした。


震災後1年を経過し、やっとまとまった休みがとれた3月末に、ボランティアに行きました。翌年にも、もう一度。

ヒロイックに自己陶酔するでもなく、当然のように泥を掻き出し、瓦礫を運ぶボランティアの皆さんの姿は、何も変わりませんでした。自己完結する姿には、どんな毀誉褒貶も関係ありません。集積地にあるゴミの山が、前年よりも目を瞠るほど大きくなっていたのが印象的でした。

 

選択するとは、同時に何か捨てることを意味します。そうやって前進しなければならない被災地は、そこに住む人々は、それぞれに大きな痛みを抱えていることでしょう。それぞれの選択、決断に心を寄せる3月11日です。

 

来年度はボランティアとは別の形で、被災した自治体に関わる機会を頂きました。私にどのような貢献ができるか、考えを深めて臨みます。

 

 

青い空

 

後閑徹

 


仕事の管理 / 梅の花

先月中盤まで都内の仕事を終え、後半から2月の初めはビジネスリュックを背負い、或いは、キャリーバッグを転がして神奈川県内のいくつかの自治体、山陽地方のいくつかの自治体を回りました。夏に東京・大阪で登壇した「事業スクラップ」の研修です。行く先々で、「実は、夏のセミナーに参加して、是非、これをうちでやらなければと思いました」と語ってくださる人材育成担当の方々にお会い出来るのは、大変嬉しいことです。

 

自治体組織が、真にその戦略(選択と集中)を実行するには、前向きな職員と、利害関係者を説得する論理とパートナー型住民が必要不可欠です。幸い、現・元行革担当や政策、経営監理の方々を含め、多くの前向きな職員の方々と出会うことが出来ました。意見交換や質問を通じ、考えるべき点が明確になってきています。現状に満足せず、修正・改善をしていきます。

 

☘☘

事業スクラップの本題に入る前に、仕事の管理や実効性の考え方を説明させて頂いています。これは民間企業でも何も変わりません。仕事の管理から、東京都某特別区で担当しているコンサルティングの話を敷衍させて説明することもあります。働き方改革につながるこのコンサルティングは、2課における組織内協働の仕組み作りのサポートを中心に行いました。

 

現在、わが国で官民問わず取り組んでいる「働き方改革」は、単なる時短ではありません。仕事の管理の仕方を学び、業務改善につなげるとともに、組織内における協働の仕組みを構築することが不可欠です。課・係・個人の協働はコミュニケーションを円滑にすれば自然と生まれるものでは、決してありません。効率化を追求する「分業」が重視される組織の構造に「協働」の仕組みを如何に構築していくか、が問われなければならないように思います。

 

担当した2課がそうであったように、それぞれの担当する仕事、職場で、その仕組みの在り方は異なります。それを探り、試行錯誤を重ねる仕事は、大きなやりがいと共に大変興味深いものです。これまでの知見を次に、またその次に、と活かしていきたいと思います。

 

梅の花

 

☘☘☘

しばらくぶりに家に帰ると、庭にある梅の花が咲いていました。

立春も過ぎました。もうすぐ春です。

                         

後閑徹

 

 


 


新年のご挨拶 / 社会正義を考える必要性

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 

 

 

 

これから、最低、月一本のコラムを蟾埓マネジメント研究所ホームページに書いて参ります。

新年の配信記事、1本目は、まず「社会正義」から。

 

変化の時代は、価値の変動を伴う時代です。 民間企業以上に、地域の未来を考え、多くのステークホルダー(利害関係人)との協働をめざす自治体職員こそ重要な価値の変化を考える必要があります。 社会正義とは、「自分自身と他者の視点を入れ替えて考えても納得できる、価値的判断基準」。自治体経営、職場経営、政策立案において、時折、ふと顔を出す価値観です(民間企業でも同様です)。

 

「社会正義とは何か」は、唯一の正解をもたない問いです。

 

しかし、その正解のない問いに対し、正解を求め続ける姿勢、一応の答えをだし、決断をしつつその答え自体を疑い続ける姿勢こそが、正解に近づく道ではないかと考えます。

 

答えはこれだ、と割り切れればそんなに楽なことはない。

しかし、そのような楽をしても意味のない問いです。

知性とは、答えの無い問いを大切に抱きかかえ、割り切れない答えの曖昧さに耐え続け、考え続ける姿勢をいうのではないでしょうか。

 

また今年一年、歯切れよく、同時に自らを疑いつつ成長をしていきます。

皆様にとりましても、良い出会いと成長の機会に恵まれる一年となりますように。

 

本年も、より一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

蟾埓マネジメント研究所 コラム「自治体職員が「社会正義」を考える必要性について」

 

今年は、本ブログも随時更新をしていきます。

 

後閑徹

 


 

 

 


| 1/23PAGES | >>