過去との対決 / 転換点 / ヒカルエ ママ&パパ’sカフェ

去る1月20日、予定通り2時間30分のセミナーを市ヶ谷の貸会議室にて行いました。 
ちょうど1年前、東京海洋大学をお借りして実施した際は外部環境の変化予測と生涯賃金や必要費、親・子の起こりうる課題、バイオロジカル・クロック(生物的な身体の限界)などを時系列で一覧にまとめ、それぞれのキャリアを考える内容でした。

今回は人生における転換点を軸にして、ワークライフ・インテグレイション(統合)の考え方と調査研究から出てきた女性の重視する3つの価値観を解説し、参加者自身について考えてもらいました。

転換点は変革期です。この時期、組織では組織構造を変えたり、新しいビジョンを作り共有したりします。同様のことを個人のキャリアを考える際、行う必要があるはず。この変化を曖昧にしていくと過去と対比して現在に悩んだり、新たな環境への準備が疎かになってしまいます。就職・転職・結婚・出産etc.流されるように生きていると大切な転換点=機会を利用することが出来ません。

興味深かったのは、過去と現在の変化自体は参加者全員が認識していながら、そこで何が終わって何が始まったかを明確に意識している方が全くいなかった点です。

実は、この資料を作っているとき、ふと昔読んだ本の中に似た話があることを思い出しました。もう随分昔に読んだ丸山真男が以下のようなことを書いています。
日本人は過去を清算せずに新しい文化・思想・モノを簡単に受け容れる。過去の上に新しいモノがどんどん降り積もっていく。しかし、過去は清算されていないからある拍子に過去がふと顔をだす…。

過去の古いものと新しいものが対決をせずに併存する状態が、現在そこにある課題の解決を邪魔しているのではないでしょうか。
何をどうしたら良いかわからず消耗する状態から抜け出すために、認識すべきこと、決断すべきことを整理する必要があります。この点は、子どもをもち、ワークライフバランスに悩む若い夫婦にもいえることでしょう。

NPOヒカルエ様で実施する2月20日 ママ&パパ'sカフェでもこの点は取り上げようと思います。わかり易く、表現しやすいように様々な手を使っていきます。

どうぞ楽しみにしていてください。

後閑徹  

過去との対決



 

この記事のトラックバックURL
トラックバック