自治体マネジメント / 女子大でのセミナー

長らく記事を書けませんでしたので、近況を報告させて頂きます。

1月の働く女性のためのキャリアセミナー、2月のNPOでの「ママ&パパ’sカフェ」を終えました。
1月末の段階で、蟾埓マネジメント研究所と自治体の課題を専門に扱うコンサルタント&研修講師として契約を結び、基幹講座である階層別マネジメント研修のテキストの加筆・修正・改訂作業(6章・約180頁)の仕事を請け負い、土日毎にベテランコンサルタント2名とともに話し、書き直し、校正し、と作業を進めてきました。

民間ベースとのマネジメントの考え方と自治体に即したマネジメントでは異なる点も多く、たくさんの知識を吸収させて頂きました。対比することで、両者の理解がより深まったように思いますし、行政学・社会学等の知識やもちろん経営の知識、自分のマネジメント経験も反映させることが(微力ながら)出来ているように思います。
1章ごとの締め切りが短く、完全徹夜して原稿を書き上げるようなこともしてきたこの数か月ですが、わくわくするような学びが続くことをとても嬉しく思うこの頃です。

右肩下がりの時代の自治体においてマネジメント概念の定着を図り、政策形成のお手伝い等諸々をできることは、地域・住民への貢献につながる大変やりがいのある仕事だと思っています。頑張ります。


また、神奈川県内にある某女子大より、女性のキャリアに関するセミナーのお仕事も頂きました。2日間6時間で、インターバルの課題も出す予定です。教材は、慶応ビジネススクールのビジネスケースを使用します。少し難しい点もあると思いますが、知識面はこちらで補いながら、就職だけではなく、キャリアを考える機会をたくさん与えたいと思います。

今後、自治体からの仕事は、全て行政マネジメント研究所を通して、それ以外の仕事は今まで通りRedsign Academiaにてお受けします。

独立・起業2年目にしてやっと軌道に乗りつつあるように思います。

自分の能力を常に向上させるよう懸命に学び、考えながら、少しでも課題解決に貢献できるよう頑張って参ります。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

後閑徹








 

この記事のトラックバックURL
トラックバック