働き方改革の旗振り役になるなら気を付けたい5つのポイント 後閑徹

 

 

第192回臨時国会において、いよいよ働き方改革が動き出しました。

働き方改革は、女性活躍推進を側面から援護するだけでなく、大介護時代を迎えるこれからの男性自身の問題でもあります。

 

今回、業務改革を支援し、自律的にOJTが回るよう支援するコンサルティングに入ったのを契機に、組織変革の留意点を書きました。私自身が消耗し、疲弊しながらそれまでの「やり方」を変革した経験と公開から学んだポイントです。

 

後閑徹                                         

      

 

働き方改革の旗振り役になるなら気を付けたい5つのポイント 9月配信記事

 

これまでの外部配信記事

 


 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース


この記事のトラックバックURL
トラックバック