仕事の管理 / 梅の花

先月中盤まで都内の仕事を終え、後半から2月の初めはビジネスリュックを背負い、或いは、キャリーバッグを転がして神奈川県内のいくつかの自治体、山陽地方のいくつかの自治体を回りました。夏に東京・大阪で登壇した「事業スクラップ」の研修です。行く先々で、「実は、夏のセミナーに参加して、是非、これをうちでやらなければと思いました」と語ってくださる人材育成担当の方々にお会い出来るのは、大変嬉しいことです。

 

自治体組織が、真にその戦略(選択と集中)を実行するには、前向きな職員と、利害関係者を説得する論理とパートナー型住民が必要不可欠です。幸い、現・元行革担当や政策、経営監理の方々を含め、多くの前向きな職員の方々と出会うことが出来ました。意見交換や質問を通じ、考えるべき点が明確になってきています。現状に満足せず、修正・改善をしていきます。

 

☘☘

事業スクラップの本題に入る前に、仕事の管理や実効性の考え方を説明させて頂いています。これは民間企業でも何も変わりません。仕事の管理から、東京都某特別区で担当しているコンサルティングの話を敷衍させて説明することもあります。働き方改革につながるこのコンサルティングは、2課における組織内協働の仕組み作りのサポートを中心に行いました。

 

現在、わが国で官民問わず取り組んでいる「働き方改革」は、単なる時短ではありません。仕事の管理の仕方を学び、業務改善につなげるとともに、組織内における協働の仕組みを構築することが不可欠です。課・係・個人の協働はコミュニケーションを円滑にすれば自然と生まれるものでは、決してありません。効率化を追求する「分業」が重視される組織の構造に「協働」の仕組みを如何に構築していくか、が問われなければならないように思います。

 

担当した2課がそうであったように、それぞれの担当する仕事、職場で、その仕組みの在り方は異なります。それを探り、試行錯誤を重ねる仕事は、大きなやりがいと共に大変興味深いものです。これまでの知見を次に、またその次に、と活かしていきたいと思います。

 

梅の花

 

☘☘☘

しばらくぶりに家に帰ると、庭にある梅の花が咲いていました。

立春も過ぎました。もうすぐ春です。

                         

後閑徹

 

 


 


この記事のトラックバックURL
トラックバック