新年のご挨拶 / 馴染む

 

2017年 新年明けましておめでとうございます。

 

昨年は、多くの方のご支援により、様々な場所で仕事をさせて頂く機会を頂きました。

本年もまた、新たな挑戦を続けて参ります。どうぞ、お引き立て賜りますようお願い申し上げます。

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

 

年末年始は、86歳になる父を連れて京都で過ごしました。

以前、連れて行ったことのある御所南にあるステーキ屋、先斗町、祇園で食事やお酒を楽しみ、イノダコーヒーで甘いケーキと共に(これまた甘い)コーヒーを飲みました。嵐山を巡り、我が一族の祖先が祭られる滝口寺に詣でた後、嵯峨野を散策し、竹林を歩きました。嵯峨野では途中、お茶屋でみたらし団子と抹茶を頂きながら、2万歩程度を歩きました。

北山に雪もない、例年に比べれば暖かな京都でした。

 

いつもは真っ先に京都駅から歩いて行く五条橋袂のカフェ、水路閣の奥にある一番好きな南禅院の庭、三条大橋を見渡すスタバや逍遥しながら黙考するいつもながらの時間は、今回は諦めました。そんな時間は、またいつでもとれるさ、と思い。

 

老親に「最後にもう一度…」と言われると、出来るだけかなえてやらなければ、と思います。

しかし、同時に、親が年老いていくことに応じてなかなか変われない、振舞えない自分が居ます。いつまでも口の悪い父に、つい感情的になる自分が居ます。

 

そんな時は、一本の棒を心の中に立てるように、明確に自分のすべきことを意識し、徐々に、その差を埋めるよう試みるべきでなのしょう。やがて、意識もせずに振舞えるときが来るよう、努力しなければと思った年末年始でした。

 

 

年が明けてから、新しいConverseのスニーカーをおろしました。今まで履いていたNew Balanceのダークブルーのスニーカーがかなりくたびれていたため、年末に買っておいた靴です。未だ皮が硬く、歩きづらさを感じます。もう少し紐を緩めても良いのかもしれません。

 

おろしたての靴を履くと、自分の歩き方の癖に気づかされます。靴が足に馴染む頃には、自分の歩き方も少しだけ矯正され、同時に靴も形を徐々に変えていくのでしょう。「新しさ」に向き合うということは、否が応にも、自分自身を意識させるものなのかもしれません。

 

さて、今年は、もうひとつ、仕事の幅を広げようと思います。それを自分のものにするまで、苦労をするでしょう。しかし、新しい靴がやがて馴染んでいくように、きっと自分のものにしたいと思います。

 

 

そして、世界が寛容の精神で包まれますように。

Peace for all!

 

人材・組織開発コンサルタント 後閑徹

 

 

 

スニーカー


この記事のトラックバックURL
トラックバック