守破離 / 今、言えない人間

先日、新人研修に登壇した中で、「守破離」の話をしました。

前任者から受け継いだテキストを見たときから、話そうと考えていたことです。

 

テキスト資料の中では、「つまらない仕事ばかり…こんな仕事をしたい訳じゃないのに」と呟くイラストの下に、守破離の説明がありました。

 

守破離 :剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。

     守は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。

     破は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。

     離は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。     

                                       大辞泉より

 

良い言葉です。あらゆるものを「道」と捉え、研鑽を積む段階を示す。

 

この言葉を久しぶりに見て、私が以前学んでいた学問を思い出しました。現在は異なるかもしれませんが、当時、未だ徒弟制的な風習が残るその世界では、「弟子は師匠の学説に対するアンチ・テーゼを生み出してこそ一流」と言われていました。師の近くで学び、その学説の短所も良くわかっているからこそ、師匠筋の学説と異なる(あるいは反対の)学説を打ち立てる。そうやって、アカデミーは発展する。

 

思えば、一般的な知の創造も、そんな「守破離」に通じるものがあるように思います。

 

 

しかし、同時に、私は「守破離」に表現される文化に、若い頃から違和感も感じていました。

 

往々にして、「守」の時間が長すぎる。

 

あらゆるものを「道」にして、謙虚に学ぶのは良いのですが、謙虚に学ぶとは、決してすべてを鵜呑みにすることではないはずです。

 

意見を言わない、違和感を表明しない人々に、自分の意見を求めると、「私はまだ何もわからないので」「もう少し学んでから」と、やけに謙虚そうな言葉が口からでます。それは真に謙虚な姿勢の現れ?自信の無さ?軋轢を生むことへの恐れ?もちろん、高圧的な態度で、自分に反論させないような態度をとる人間も多くおり、それも大問題です。しかし、その背景には、もしかしたら、「未だ何もわからないくせに」という考えがあるのではないでしょうか。その意味で、どちらも似た者同士に過ぎないように思います。

 

前職までは私はよく、「今、言えない人間はこれからも言えないよ」と言っていました。自分が、物事を完全に分かったと思える時など来ることはない。「私はまだ…」と言って、現状を肯定していてもつまらないだろう。改善も改革も変化もしないで良いのだろうか。私の言葉が、どこかで芽を出していてくれたら嬉しいのですが。

 

 

 

試しに、新人研修で、「守」はどのくらいの期間だと思うか、一斉に言ってみて、というと最も大きな声が3年でした。

3年間も「守」!ジョブ・ローテーションをする組織なら異動してるかもしれませんよ。そして、また違う部署で3年の「守」が始まる?いつ、自分の考えを言うの?

 

Challenge ・Changeをスローガンにする組織だったので、「3年間、何も言わないつもり?それでChallenge・Changeになるのか、考えてみてくださいね」、と投げかけてきました。

 

 

このように、何にでも「道」を見つけて昇華させてしまう日本の文化特性が、組織の停滞の一因のように思います。

また、長い下積み時代など軽々と飛び越えて、起業する人間が少ない原因は、こんなところにもあるのかもしれません。

 

久しぶりに「守破離」という言葉を見て、こんなことを思い出し、考えていました。

 

 

 

人材・組織開発コンサルタント

後閑 徹

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック