シニアをファシリテート / 違和感の表明

先日、M市にてシニア25名のグループファシリテーターを務めました。

連休中を含め3度打ち合わせをした結果、ごく単純な構成に、そして時間に余裕のある設計に。しかし、どんなに準備をしようとやはり思い通りには決していきません。そのことも十分認識して臨みます。

以前、40人強の社協ボランティアの方たち(シニアが8割)をファシリテートした時は、相談された課題をクリアーしつつ意見集約をするものでした。これまでの様々な軋轢がグループ内にあったのでしょう。その雰囲気を随所に垣間見ながらのファシリテートは結構スリリングな体験でした。

今回は、最初の顔合わせ・チームビルドが中心であったのでそう問題はないと考えていましたが、始まってみると思い通りにいかないこともあり、臨機応変に柔軟に進行を変えていきました。やはり、どのような集団であっても、どのような目的であっても、メンバーの方向性を合わせることの難しさを感じます。

ワークショップ慣れ、ファシリテーション慣れをした方々ばかりを相手にしてると見落としがちになるのが、「なぜこのワーク(セッション)をするのか」の説明が不十分になってしまうことです。当然必要な手順であっても、その意図がメンバー全員に理解されているとは限りません。

今回も、多くの方と顔合わせをし短い時間でも言葉を交わすようランダムに相手を変えながらの自己紹介の時間をとった際、そういった混乱状態に慣れていない方が「これは良くない!これは良くない!もっと相手を予め決めてやらないとダメだ!」と声を上げられました。目的はインストラクションで伝えたのですが、もう少し丁寧に話すべきであったのでしょう。最初にこういった声を上げて頂いて、私も修正をかけることが出来ました。そして、修正をかけなければきっとアンケートでの高評価はなかったと思います。

違和感を感じて声を上げることは勇気の居ることかもしれません。しかし、その勇気はきっと集団のためになる。そして、その違和感の表明を受けた者は、自分を客観的に見つめ柔軟に対応しなければならない。それがその勇気に応えることに他ならない。働きかけ、そのリアクションを受けて修正し、また働きかける。


ファシリテーターとして、この当然のことを再認識する良い経験をさせて頂きました。

この記事のトラックバックURL
トラックバック