子育てと仕事の両立を模索するママ達の悩み

10月18日、急きょとあるNPOのお手伝いをすることとなり、午前中より育休後カフェのお手伝いをしてきました。実は、今後(たぶん年明け?)このNPOでママ達を対象としたワークショップを実施するため、その下見も兼ねてのお手伝いです。

私が実施しようと考えているワークショップは昨年の9月頃に作ったプログラムです。
多くのワーキングマザー、働く女性のインタビューをしてきて気付いたのはまるで濃い霧に包まれているかのようなモヤモヤ感。そして、そのモヤモヤ感の原因は現在の課題・近い将来の課題を整理できない、言語化できない点にあると気付きました。

現在そこにある課題、近い将来起こりうるであろう課題を顕在化させ、整理、分類することでこのモヤモヤ感はかなり低減できると思います。

「新しい知識をもちかえる」、というよりは「同じ悩みをもつ人間に会ってホッとし、少しだけ誰かに勇気づけてもらう」というような場を求めている。見学させて頂いて得たのはそんな印象でした。

さて、どこまでを射程としてワークショップを構成するか、その点だけもう一度修正してNPOに提示していきたいと思います。
深い霧に包まれたママの視界を回復するやりがいのあるワークショップ。
仕事と子育てに悩むママの力になれるよう頑張ります。









この記事のトラックバックURL
トラックバック