ワーク・ライフ・バランス(働き方改革)に取り組む際に理解していただきたいこと

 行政マネジメント研究所 2017年 5月コラムより転載

 

 

【はじめに】
 今年3月、内閣府より「男性の働き方改革・意識改革に向けた職場のワーク・ライフ・バランス推進のための取組事例集」が発表されました。ヒアリング調査対象は、以下の3つの点から選定された企業です。

従業員の働き方改革、ワーク・ライフ・バランス推進のために実施した取組の結果、
  男性従業員に生じた変化として、以下を選択している企業
  (顱飽藥・家事への参画
  (髻肪楼莖萋阿悗了臆
  (鵝鵬雜遒悗了臆
  (堯砲修梁召妊罐法璽な回答のある企業
従業員の働き方改革、ワーク・ライフ・バランス推進のために実施した取組の結果、
  男性従業員に生じた変化として、「ライフの充実を通じた業務へのフィードバック」を
  選択している事例
導入経緯に「本業へのプラスのフィードバック」を挙げている事例のうち、
  取組の結果、男性従業員に何らかのポジティブな変化が生じていると回答している事例

  参考URL : http://wwwa.cao.go.jp/wlb/research.html(内閣府ホームページ)

 

 

 

 お伺いする地方自治体でも、ワーク・ライフ・バランスの実現や、いわゆる「ゆう活」に取り組まれているとお聞きすることが多くなり、研修のご依頼も増加しています。紹介されている取組の中には、バディー制(複数担当制)、多能工化、時間外労働の見える化、時間がかかる業務プロセスを見直す場の設定、電話・メールの最終時刻の徹底等、地方自治体組織でも参考に出来る「仕組み」が多々あるように考えます。

 

 

【ワーク・ライフ・バランスの実現は、役割葛藤の解消を組織(職場)が担うこと】
 私たちは、人生においていくつかの役割を担い、年代とともに変化させています。下図は、米国のキャリア開発・教育学者・D・スーパーのライフ・キャリア・レインボーです。

 

 D・スーパーは、成長期(0〜15歳)、探索期(16〜25歳)、確立期(26〜45歳)、維持期(46〜65歳)、下降期(66歳〜)というライフステージにおいて、〇劼匹癲↓学生、M床砲魍擇靴狄諭↓せ毀院住民、タΧ反諭↓η朸者、Р板躾佑箸いμ魍笋箸修良を変えていく、としています。仕事に比重をおく時期もあれば、子育て期の家庭人のように生活に比重をおく時期もあります。介後の担い手として、年を経てから再度子どもの役割を果たす人もいます。  多くの役割を担うとき、育児(家庭人)・介護(子ども)と仕事(職業人)のように、互いに両立できない2以上の役割に悩む状態を役割葛藤といいます。 そして、役割の葛藤の解消を二者択一的に考え、判断を本人(個人)に任せてきたのが、これまでの社会・組織でした。昨今のワーク・ライフ・バランスの取組は、役割葛藤の解消を、個人の問題にせず、組織(職場)として取り組むべき問題へと移行させた点に大きな意義があります。

 

【ワーク・ライフ・バランスに関する批判的声に応えて】
 働く女性の問題に関わり、多くのインタビュー調査をしてきた私は、「活躍するか否かは個人の自由の問題だ」「ワークをとる生き方があっても良い」という批判的な声をよく聞きます。確かに、どのような働き方をするかは個人の自由であり、自己決定が尊重されるべきでしょう。私も同意します。 しかし、選択をするには、前提として選択可能性が必要です。働き方に対する個人の選択の余地が無い状態において、個人の選択の自由をいうのは背理ではないでしょうか。個人の選択をいうなら、まずは選択可能性を広げなければならないはずです。現在のワーク・ライフ・バランス政策は、仕事か生活かのどちらかしか選択できなかった状態に、仕事をしながら生活を充実させるという道をひらこうとするものです。働き方は個人の自由の問題である、という正論は、このような選択の余地を広げた後に実現するものではないでしょうか。

 

【最後に】
 女性活躍推進が政策として本格的に動き出す前、ある専業主婦の方にインタビューさせて頂いたことがあります。自分の能力をもって人に貢献する仕事に意義を認めていた彼女は、出産を機にワーク・ライフ・バランスの困難を見極め、仕事を辞めました。彼女が言った、「もう滅私奉公するような働き方をする時期は終わりました」という言葉が強く印象に残っています。仕事か生活かの二者択一を迫るのではなく、仕事と生活の調整を図る仕組み・機能が、現在の組織(職場)には求められています。

 

以上

人材・組織開発コンサルタント 後閑徹

 

 


働き方改革(女性活躍)プロジェクト始動

いよいよ上場予定の民間企業における働き方改革(女性活躍)プロジェクトが始動しました。

 

社長の指示により、先行してプロジェクトメンバーのヒアリングを2回実施、見通しを立ててのスタートです。

プレゼンの際、3常務のうちのおひと方から、報告書を見て、「これは1・2項目を除けば、男性の働き方改革にもつながるのでは」とのお言葉を頂きました。

 

まさにその通りです。

 

私が企画書の段階から申し上げてきたのが、以下の2つ。

 

―性が活躍する企業が業績を上げるのではなく、女性が活躍できる環境を有する企業が業績を上げる

働き方改革・ワークライフバランス・女性活躍は連動して機能する

 

―性活躍推進が今ほどフューチャーされていなかった頃に、データを元に厚労省が出していた分析です。

△砲弔い討蓮∈でも3者の関係を理解している方は、そう多くないように思います。先日、今年2回目となった関西の某政令市における全管理職向け講演会で説明した後、「初めてこの3者の関係が明確になった」という感想を多く頂き、逆に驚きました。

 

 

BLOGOSに掲載された記事「男性と違う何かをする必要はない」で書いた4象限 を用い、ヒアリングした女性メンバーが考えている内容の分布と、プロジェクトで私たちがめざすべき象限を明示し、ボードメンバーのご理解を頂きました。

 

さぁ、いよいよ来週火曜日が最初のセッションです。選抜された16名とともに、組織開発の手法を用いたり、研修をさせていただいたりしながら、短期成果のための具体的施策と将来を見据えた人事評価制度や福利厚生の見直しへの提案を模索していきます。

 

これまでもコンサルティングをした組織の「仕組み」つくりの観点や、マネジメント要素、経営の観点も入れながら、全力で取り組みます。組織とそこで働く人々の幸せの接点を見つけることが、コンサルタントとしての私の役割と考えています。

 

組織開発・人材開発コンサルタント:研修講師 後閑徹


ファシリテーション / いわきの復興 

先週はじめ、2日間の研修を実施するためにいわき市に行ってきました。震災から6年、住民協働を進めるいわき市です。住民協働とは何か、深く考えるとともに、その手段としてのファシリテーションを身につける研修です。私の拙い経験や学び、実践していることを精一杯お伝えしました。

 

いわきは、東日本大震災のボランティアで2回訪れた地です。やっとまとまった休みがとれたのは震災から1年後の4月。当時、いわきは、ボランティアが足りていない被災地と言われていました。それでも、いわき市内のホテルは満室で、3つほど隣の駅にホテルをとったのを覚えています。

 

2度目は、同じ年の9月頃だったでしょうか。ゴミ集積場の山が以前より格段に高くなっていました。高いゴミの山を見ながら、あぁ、ボランティアの皆さん、頑張られたのだな、と思いました。今では、そのごみ集積所も、きれいにごみが片付けられているとのこと。被災地は着実に前進しています。

 

 

 

 

ボランティア時に災害時協定でいわきに派遣されていた沖縄の社会福祉協議会の男性と友人になり、未だに繋がっています。何度か沖縄の彼のご自宅にも泊めて頂き、うちにも泊まってもらったことがあります。東京に出張で来ることがあると、飲みに行きます。

私たちを結び付けてくれたのも、いわきでした。ホテルから、彼にいわきの写真を送りました。すぐに彼から、我々の縁の土地だね、と返信がきました。そう。いわきは、私に大切な友人をくれた土地でもあるのです。

 

いわきに少しでもお金を落とそうと、お土産をたくさん買いました。貝や鮪の加工品や珍味、数の子の黄金漬け、福島の桃を使ったジャムやクルミ柚餅子等のいくつかのお菓子類。大変、美味しくいただきました。

 

先日の宮城県庁や宮城県市町村の研修時も考えたことですが、被災地の復興は道半ばです。被災地で懸命に頑張る皆さんのために、私に何ができるか、これからも考え、行動したいと思います。

 

さて、この3連休は、一日秩父にドライブに行った以外は、企画書の作成とそのための資料の読み込み、民間企業での働き方改革プロジェクトのセミナーの準備、140人分のマネジメント上の問題の添削と、結局、働いていました。今週は、600人を相手にワークライフバランス/働き方改革の講演もあります。働きすぎを嘆かず、気を引き締めて自分のなすべきことを為そうと思うこの頃です。

 


ワーク・ライフ・バランスをとる

久しぶりの更新です。

 

各地に出向くといっても、研修を担当するだけなら余裕があります。ただ、ここ2か月ほどは、研修以外に新規企画書の作成、新しい顧客先に出向いての打ち合わせ・資料作成、研修テキストの執筆、課題の添削をして、月1本のコラムを書き、パワーポイントを作成する等、忙しく働いていました。段々と感覚が麻痺してきます。

 

研修のある時は、終了後、まっすぐホテルに帰って仕事をし、朝早くに起きて当日の研修のチェック(私はこの時に時間配分の計画のメモを作成をします)をする生活です。

前職で働きすぎて倒れた経験から、自分なりにワーク・ライフ・バランスをとらなければと思っていたのですが。

 

そんな忙しさも、今週が終わればひと段落のはず。先週は、新たにお仕事を頂いている民間企業の担当者様から企画書の督促のお電話を頂いてしまいました。電話の後、長崎のホテルでひとり反省をしました。忙しいことは決して良いコトではありません。自治体とはまた異なる面白さのある仕事です。仕事の質の低下に気をつけなければいけない、と肝に銘じます。

 

 

 

研修をしていて、最近、「学んだ内容を職場で実践します」、と言ってくださったり、終了後に名刺交換を申し出てくださる方が増えてきたことは、大変大きな励みになります。研修は、学ぶことが目的ではなく、実践することが目的なのですから。

 

 

今日は、これから、いわきに出掛けます。東日本大震災で泥かきのボランティアに行ったのが福島県いわき市でした。そこで研修を担当できることは感慨深いものがあります。皆様のご苦労に報いるよう、実践につながる学びを心がけます。

 

さて、今週が終われば、先延ばしにしてきた自分自身の新たな仕事にも取り掛からなけばなりません。

私は何者なのか、じっくり自分を見つめながら取り掛かります。

 

 

 

写真は先月、山口での仕事の後に赴いた湯田温泉。この数か月の中で唯一の観光です。

中原中也の生まれ育った地に、やっと訪れることが出来ました。

 


<< | 2/26PAGES | >>