「好きで長時間働くのがなぜ悪い!」

ご紹介します。確かに。 「好きで長時間働くのがなぜ悪い!」という人に産業医から伝えたいこと

働き方改革を成功させるマネージメント

働き方改革におけるマネージメントの重要性と、取り組むべきこと、各階層のマネジャーの役割等についてお話させていただきました。働き方改革プロジェクトもまだまだ道半ばとの思いがあります。引き続き、組織と個人の幸せの接点を探りながら邁進します。

 

 

 

 

 

 

 


新年のご挨拶 / 馴染む

 

2017年 新年明けましておめでとうございます。

 

昨年は、多くの方のご支援により、様々な場所で仕事をさせて頂く機会を頂きました。

本年もまた、新たな挑戦を続けて参ります。どうぞ、お引き立て賜りますようお願い申し上げます。

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

 

年末年始は、86歳になる父を連れて京都で過ごしました。

以前、連れて行ったことのある御所南にあるステーキ屋、先斗町、祇園で食事やお酒を楽しみ、イノダコーヒーで甘いケーキと共に(これまた甘い)コーヒーを飲みました。嵐山を巡り、我が一族の祖先が祭られる滝口寺に詣でた後、嵯峨野を散策し、竹林を歩きました。嵯峨野では途中、お茶屋でみたらし団子と抹茶を頂きながら、2万歩程度を歩きました。

北山に雪もない、例年に比べれば暖かな京都でした。

 

いつもは真っ先に京都駅から歩いて行く五条橋袂のカフェ、水路閣の奥にある一番好きな南禅院の庭、三条大橋を見渡すスタバや逍遥しながら黙考するいつもながらの時間は、今回は諦めました。そんな時間は、またいつでもとれるさ、と思い。

 

老親に「最後にもう一度…」と言われると、出来るだけかなえてやらなければ、と思います。

しかし、同時に、親が年老いていくことに応じてなかなか変われない、振舞えない自分が居ます。いつまでも口の悪い父に、つい感情的になる自分が居ます。

 

そんな時は、一本の棒を心の中に立てるように、明確に自分のすべきことを意識し、徐々に、その差を埋めるよう試みるべきでなのしょう。やがて、意識もせずに振舞えるときが来るよう、努力しなければと思った年末年始でした。

 

 

年が明けてから、新しいConverseのスニーカーをおろしました。今まで履いていたNew Balanceのダークブルーのスニーカーがかなりくたびれていたため、年末に買っておいた靴です。未だ皮が硬く、歩きづらさを感じます。もう少し紐を緩めても良いのかもしれません。

 

おろしたての靴を履くと、自分の歩き方の癖に気づかされます。靴が足に馴染む頃には、自分の歩き方も少しだけ矯正され、同時に靴も形を徐々に変えていくのでしょう。「新しさ」に向き合うということは、否が応にも、自分自身を意識させるものなのかもしれません。

 

さて、今年は、もうひとつ、仕事の幅を広げようと思います。それを自分のものにするまで、苦労をするでしょう。しかし、新しい靴がやがて馴染んでいくように、きっと自分のものにしたいと思います。

 

 

そして、世界が寛容の精神で包まれますように。

Peace for all!

 

人材・組織開発コンサルタント 後閑徹

 

 

 

スニーカー


映画ドリーム(原題:Hidden Figures)/ 自尊心

先日、映画ドリームを観てきました。

1960年代、黒人差別に異議を唱える公民権運動が盛んになる中、偏見と差別を受けながらも、NASAにおいてマーキュリー計画(米国の有人宇宙飛行計画)を支え、その後も大きな功績を挙げた三人の黒人女性(その背後にもいた大勢の黒人女性たち)の実話を元にした映画です。

原題はHidden Figures(隠された人々)。

 

 

 

 

映画は、複雑な現実をシンプルに提示します。

 

その中に、私は、黒人であることで差別され、女性であること故の(同じ黒人の男性からも)偏見に晒されながらも、誇り(自尊心)をもち、自分の才能と努力を信じて着実に前進していく力強さと勇気をみました。

 

また、ケビン・コスナー演じるマーキュリー計画を成功させることだけしか頭にない本部長が、能力のみを考え、それまでの差別的慣習を破棄していく様に、厳しく真理を探究しようとする姿勢の可能性をみました。地球軌道を周回する任務を負った若き宇宙飛行士グレンもまた、黒人女性への偏見がないように描かれているのは、きっと偶然ではないでしょう。

 

自らの能力を信じ、物事の本質を真に探究しようとする者は、肌の色や性による差別意識・偏見に捉われる可能性は極めて小さいように思います。

 

映画の中で、白人女性が言った、「わかって欲しいんだけど、私は偏見はもっていないつもりよ」という言葉に、NASAで管理職をめざす黒人女性ドロシーが、「わかっていますよ、あなたが偏見に気づいていないことは」と返す言葉は、特定の性・宗教・国籍や民族等を差別し、彼我の区別において自己確認を強化しようとする風潮のある現代において、多くの人々がかみしめるべき言葉と思います。

 

 

映画:ドリーム(Hidden Figures)公式サイト

 

 人材・組織開発コンサルタント/研修講師:後閑徹

 

 

続きを読む >>

<< | 2/28PAGES | >>